NLP

03-4400-1988

電話:平日10:00〜19:00

MENU ▽
  • TOP
  • >
  • 男女関係
  • >
  • 7年ごとに来る「夫婦危機」 脳科学から見た必然

7年ごとに来る「夫婦危機」 脳科学から見た必然

image

黒川 伊保子さんの記事はいいですね〜
とてもわかりやすいのでご紹介します。

●以下、記事より抜粋

夫婦は、なぜムカつき合うのか。
この永遠の命題に、人工知能研究から生まれた男女脳論が答えをくれた。
中略。

結論から言うと、男と女は、あらゆるシーンで正反対の答えを出す、真逆の装置になっている。
せっかちはおっとりに、几帳面はずぼらに……胸がきゅんとして、燃え上がってしまう。
恋愛結婚の時代に、夫婦の感性は、ほぼ真逆といっていい。

東京経済オンライン
https://toyokeizai.net/articles/-/292635
〜引用はここまで。

●ムカつくポイントと魅力ポイント

松橋が、長年夫婦関係のカウンセリングをしていて思うこと。

「ダンナがずぼらで適当すぎる、何度言ってもやってくれない」
「嫁が細かすぎてストレス」

などなど、相談者が悩みを語ります。
充分に悩みを聞いたら、次の段階です。

「元々は、相手のどんなところに魅力を感じたのですか?」と聞きます。

すると、
「ダンナがずぼらで適当すぎる、何度言ってもやってくれない」
と言ってた女性は、
「とてもおおらかで、細かいことを気にしないで、積極的で、自分にないものを持っていたのが魅力だった」

「嫁が細かすぎてストレス」
と言っていた男性は、
「細かいところによく気がついて、観察力も鋭くて、自分にないものを持っていたのが魅力だった」

要するに、もともとの魅力は変わらない。
自分と違うから、魅力を感じたわけ。

ところが、長く時間を過ごしていると、
「なんで自分と同じようにしてくれないの?」
「なんで自分と同じように感じてくれないの?」
となる。

3年目で、ドキドキさせる恋愛ホルモンが脳内から出なくなるといいますが、
7年目で、魅力が欠点にしか感じられなくなるのでしょうか。

7年目に変わる理由は、今後の研究対象にしたいと思います。

NLP8分わかる

無料レポートプレゼント!!

お名前
メールアドレス
  • NLPプラクティショナー
  • オーダーメイド
  • 著書
  • Amebaブログ
  • facebook