NLP

03-4400-1988

電話:平日10:00〜19:00

MENU ▽
  • TOP
  • >
  • 自信満タン講座
image

仕事、営業、恋愛、対人関係が変わる!

一生の自信を一瞬でつくる! 

『自信満タン講座』 

2019年9月21日(土)15時〜17時
2019年9月25日(水)19時〜21時
2019年9月28日(土)18時〜20時

 

「自分に自信が持てない」
「どうせ私は・・・」
と、自分の力を過小評価している人は、失敗を怖れて行動せず、後悔の人生を送ります。

では、その壁を乗り越えるために、どうやって自信に溢れた状態をつくったらいいのでしょうか?

自信がないのは脳の誤動作です。
経験豊かな心理のプロが、心理学的、科学的なスキルで、脳の誤動作を改善します。

この大きな気づきとともに、大きな人生の変化を感じる2時間になるでしょう。

 

こんな人へ

・自分に自信がない

・いつも他人の目が気になって行動を起こせない

・自己肯定感が低いと感じている

・うまくいくイメージを持てない

・何か始めようと思っても、躊躇してしまう。

・「自分はどうせ」が口癖。

・できない自分を変えたい

・もっとパワーを高めたい

などなど

 

カリキュラム

・自信を持てない原因は?

・自信がないのは、誰かの一言かもしれません

・自信がない人は反省する。うまくいく人は○○する。

・脳の誤作動を変える方法とは?

・洗脳を解除する方法とは?

・あなたから自信を奪っているものを消すサブモダリティチェンジ法とは?

・五感を使いこなして自信を高めるには?

・自分の素晴らしさに気づく方法とは?

・「ダメな自己イメージが好き」という自分を今日でやめるには?

などなど。

 

30年間、「自信」について研究してきた講師が、今まで効果があった実習とスキルを使って、あなたの悩みを消し去っていきます。

~受講された方の感想をご紹介します~

<S.T様 男性 営業>
自信を取り戻したくて検索してたどり着き、参加しました。
脳のご配線、サブモダリティチェンジの体験が印象に残りました。効果がわかりました!
自己肯定感を上げるために、為になることを多く学べました。成功している先生から話を聞けてよかったです。

<K.Y様 女性 ヒーラー>
今までいかに自分を偽って生きてきたかを実感しました。
サブモダリティと、いい子症候群が印象に残りました。

<K.R様 女性 研修講師>
回復力、自己肯定感を高めるというキーワード。自分が弱いところを知りたいと思い参加しました。
〇〇を言うワークはとても気持ちがよかったです。〇〇という考え方もとても腑に落ちました。
普段、若い方に研修するときに、さらなる自信につながってくれるだろうと確信しました。

<ST 女性 40代 研究職>
もともとNLPプラクティショナーコースを受講したことがありましたが、松橋さんのセミナーがとても評価が高いと聞いていたので、直接受けてみたいと思っていました。今回は新刊を購入してセミナーを知りました。
サブモダリティを変えること、見方を変える、捉え方を変えることで感じ方が変わることが印象に残りました。
一般化に流されないように改めて判断するときに気をつけようと思います。有意義な2時間でした。ありがとうございました。

<HM 女性 30代 看護師>
仕事や恋愛など、自分に自信が持てなかったため参加しました。
印象に残ったことは、自分が囚われていることが視点が変われば変わることと、コントロールできるようになる習慣のスキルがあることです。
まずはコントロールできることから変えていきたいと思います。そして自己肯定感を高める習慣を身につけていこうと思いました。

<O.Y様 女性 営業>
一生の自信の証を身につけたいし、部下にも身につけてほしいと思い参加しました。
自信のない人は長所だらけというお話が印象に残りました。
何事もそのように見たりする視点を持ち続けたいですし、そうできる!ということを伝えていきたいです。
人生をパワフルに生きるとしたら、〇〇もあるということに気づく!
セミナーを受けてよかったです!

<T.T様 女性 保育士>
〇〇はその人の価値観や判断基準から来たものだから、〇〇していいのだなと、それを受け止めて引きずらなくてもよいということだということが印象に残りました。

<F.M様 50才女性 自営業>
松橋先生の新刊セミナーと知って参加しました。〇〇を受け止めることが大切だと思いました。
何年間も強化してしまっていたマイナスの思い込みが解けたことがよかったです。
知らないうちに〇〇命令していることや、反省ではなくコミットできることにエネルギーを注ぐようにします。

<加藤純一様 68才男性 自営業>
著書最新作を拝読し、生声を聴きたくなり参加しました。自分の評価は、〇〇もまるまるもホント!評価の一面だけでなくウラオモテ両面を受け入れること。本もわかりやすかったが、セミナーを聞いてワークをやり、より気づきがたくさんあった。〇〇を言うワークはとても気持ちがよかったです。〇〇という考え方もとても腑に落ちました。
普段、若い方に研修するときに、さらなる自信につながってくれるだろうと確信しました。

<SM様 女性 40代 家事手伝い>
『「一生」の自信を「一瞬」でつくる本』を読んで、松橋良紀さんのお名前で検索して参加しました。参加して、8年間悩んでいた、自分の性格や対人関係のパターンなどを変えられるかもしれないと希望が持てました。ありがとうございました。また参加したいです。

 

【同じテーマの講座に受講された方の感想も紹介します】

<M.T様 45才女性 会社員>
友人がNLPを勉強していてスムーズに人生が変わって行くのを見てNLPに興味がありました。
受講された方の体験談と、自分自身の「変わりたい!」という思いが受講の決め手となりました。

講座ではトラウマを消すワークが特に印象的で、実際に心が軽くなったように感じました。
受講して、自分のパターンに操られていたことに気が付けて良かったです。
自分だけではなかなか気づけないので、アドバイスを頂けるのはありがたいなと思いました。
即実践できることが知ることが出来ました。短時間で盛りだくさんの内容でとても勉強になりました。ありがとうございました。

<S.S様 38才男性 エンジニア>
緊張の緩和、自己肯定力の強化のため、講座に参加しました。
今回のスキルであるサブモダリティ、アンカリングをやってみようと思います。
リフレーミングは分かったつもりでも考えたことがなかったので、改めて考えてみます。
自信を高めるきっかけになったので、NLPをもう少し掘り下げてみようと思いました。

<I.T様 42才男性 金融>
以前本本を読んだことがあり、一度お話を聴いてみようと思ったので参加してみました。
参加して、本に書いてあることと読むだけでは学べないことと学ばせていただきました。
サブモダリティを自分でイメージしてみようと思います。ありがとうございました。

<M.S様 25才男性 営業>
会社の方の紹介で参加しました。
自分の〇〇をその場で言ってもらうことが今までなかったので良い経験ができました。
また自分でも〇〇するという行為をしていなかったので、やっていこうと思います。
ネガティブな考え方が強かったので自分に自身がないことだったりとかは今後の考え方に非常に影響していくと思います。
マイナス要素が出ないように行動をしていきたいです。

<K.K様 40代女性 事務>
自信をつけるにはどうしたらいいかと思い、申し込みました。
思考とか感じ方は親からだったり強くトラウマからの影響を受けていたんだなあと目からうろこでした。 
問題に入り込むのではなく、俯瞰して見る方法もなるほどと思いました。

<Y.K様 30代女性 >
自己肯定感が低いと感じていたので抜け出すきっかけが欲しかったので参加しました。
マイナスの強化が自信を奪う作業ということでハッとしました。
主体的な目標を立てるなど、考え方を変えることが大事だと気づきました。
片寄った考え方から少し赦されたような気がします。

<B.Y様 40代男性 営業管理職>
皆さんの気付きやコメントが自分の気付きになった。

 

セミナー詳細

●東京開催

『一瞬で自信をつくる「自信満タン講座」』  

2019年9月21日(土)15時〜17時
2019年9月25日(水)19時〜21時
2019年9月28日(土)18時〜20時

場所:神田駅近辺
詳しい場所はお申し込み後にお知らせします。

 講師

松橋良紀

●支払い方法  各種クレジットカード/銀行振り込み
 ※お申し込み後に、お振込口座など詳細を、ご連絡いたします

 

『「一生」の自信を「一瞬」でつくる本』をテキストとして使用しますので、購入された方はお持ちください。
※会場で購入も可能です。

 

金額

5,000円(税込)

 

「自分には自信がないから・・・・」

そんな自虐から卒業する2時間です。

 

濃厚なワークであなたのブレーキを取り外しますので、人生が変わる瞬間を体験してください。

では、あなたとセミナー会場でお会いできるのを楽しみにしています。

コミュニケーション総合研究所 代表理事

 

 

moushikomiY

 

 

NLP8分わかる

無料レポートプレゼント!!

お名前
メールアドレス
  • 自己肯定感向上プログラム
  • 営業力を上げたい方は営業心理学協会へ
  • NLPプラクティショナー
  • オーダーメイド
  • 著書
  • Amebaブログ
  • facebook