NLP

0120-222-951

電話:平日10:00〜19:00

MENU ▽
  • TOP
  • >
  • お金
  • >
  • ハリウッドで感じたお金の不安と恐れ

ハリウッドで感じたお金の不安と恐れ

image

ロスに研修がてら、ハリウッド観光をしてきました。

チャイニーズシアターにウーバーで到着。

降りた途端に、スパイダーマンが大歓迎!

「ウェルカム!ハリウーッド!!」
握手してきた。

「アーユーフロム?」
「じゃぱーん」
「オー!ジャパン!!グッドグッド!」

といいながら、いろいろ絡んで写真を撮れという。
おおー!大歓迎してくれてる!
さすがハリウッド!

この人は、夢の国のミッキーマウスのミッキーみたいな役割かー!

と思ってたらかなり違った。

途中で「おや?サービスが良すぎるぞ?」

気づくのは遅かった。

二人でそれぞれ10枚くらい撮り終えたら、

「マネーマネー!」

ま、楽しかったし、
じゃあ、3ドルくらい渡そうか、

と、ドル紙幣を探し始めたら、

「NO!20ドル、二人で計40ドル!!

ひえー!ほんの2分くらいなのに?

30分かかったウーバー代より高いじゃないか!

「二人で10ドル」で交渉したけど、粘り負けで20ドル払った。
私、いいカモさんです(笑)

その後、町のあちこちでコスプレをやっている人がいる。
全部無視することにしました。

その中で、ヒュー・ジャックマンの狼みたいなやつのそっくりさんと、
キャプテン・アメリカの主役のそっくりさんと、
もうひとりなんかかぶりものの3人チームがいました。

プロ?
傍から写真を撮ったら、請求されるかも?
と思うと、写真を撮れなかったのが残念。

金額を先に表示さえすれば、
みんなウインウインだと思うんだけどね。
あとで請求するから悪徳な感じがする。

でも、こんなことを言ってるのは、
日本に慣れちゃっているからかも。

全世界では、何かやってもらって、
あとで金額を請求するのがスタンダードなんだろうね。

日本人はこのシステムに慣れてないので、
要注意ですね。

海外生活が長い人が、
日本はほんと快適だと言う。
その理由は、チップやらなんやらの交渉が一切ないからだそうです。

こういったことも、
海外に行かないとわからないね。

 

●これは詐欺でしょ

あの有名なハリウッドの白い文字マーク。
それが見えるバビロンの門というのがチャイニーズシアターから数分であります。
その入口で、またまたやられました。

チラシとCDを差し出してくる黒人の男たち。
私は無視したけど、同行者が受け取ってしまった。

こちらは数メートル先まで歩いて、終わるのを待って様子を見守ったら、雲行きがおかしい。
渡されたCDジャケットになにやら、黒人が書き込んでる。
そしてまたCDを手渡された。

すると、同行者がカバンの中の財布もぞもぞ探し始めた。

「あれ?おいおい、何で買ってんの?」と近寄りながら聞く。
すると、
「だって、フリーっていうから受け取ったら、お金を払え!って言ってきた」

いやいや、こんなもん、いらない!
ここは断固拒否。

「ノーサンキュー!」
すると相手がわめく。「&%’)$$」
「ノーサンキュー!」
「ノーサンキュー!」

英語で言い返せないけど、断固として払わないということを伝える。

CDを相手に手渡そうとしても受け取らない。
なので、相手の手にぽんと投げた。
すると、相手が手を引っ込めるから床にころん。

そしたら、ものすごい大声で罵倒し始めた。

「うちの商品をなんてことをするんだ!このクソ野郎!絶対払ってもらうからな!」(想像)

英語はわからないけど、無視して「行こう」と、混雑の中をかき分けて二人で背を向けて立ち去る。
さらに、仲間らしき男が寄ってきた。
なにやらわめいてる。
でも、無視して歩き続けたらあきらめた様子。

手を掴んで払うまで返さない、
なんてことはしないから、まだよかった。

後で聞いたら、「5ドル払え」ということ。
英語がわからない人は5ドルくらいなら買っちゃうな、こりゃ。

 

●お金の信念

CDのキャッチセールスをやっているような、
悪徳の人たちは、
どこかで気づかないと、一生お金に困る人生を送る。

「お金は相手から搾取するもの」
「相手に損をさせても構わない。自分の得が最優先」

なぜこういった行動をするかといえば、
ベースにあるのは、欠乏マインドだから。

お金に関しての意識は二種類あります。

欠乏マインドと富裕マインドです。

 

欠乏マインドは、

・豊かさを手に入れるのは大変。

・富は有限で奪い合うもの。

・今あるものが、未来に手に入るとは限らない。

・自分はいろんなものが欠乏している。お金もないし、能力がないし才能がない。

・自分は価値がない人間だ

・未来は不安で暗い。

 

富裕マインド

・豊かさは世の中にあふれている。

・富は無限。誰かが豊かになったからといって、自分に回ってくる富が減るものではない。

・常に必要なものは与えられる。

・自分は価値ある存在。

・常に未来は明るい。

 

どちらのマインドがベースになっているか?
それしだいで職業の選択も変わるし、
お金に対しての考え方も変わるし、
人との付き合い方も変わる。
豊かさは常に目の前にある。

世の中には、豊かさがあふれている。
しかし、その豊かさが自分に来ていないとしたら、
せき止めているのは自分のマインド。

そのマインドを支えているのは、
豊かさに対するビリーフ。

あなたが今、
お金で苦しんでいるとしたら、
お金で不安を感じているとしたら、
お金に関しても「自分はお金を自由に手に入れられない。なぜなら自分には価値がないから」というビリーフが邪魔をしています。

人間関係で悩んでいるとしたら、
「人は裏切る」「人は自分を助けてくれない」「人は自分を傷つける」などのビリーフが、問題を引き寄せているわけです。

 

●不安と怖れからの脱出

コスプレの人たちは、
交渉しだいでは、払わない人もいるだろうけど、気分よく大金を払ってくれる人もいるだろう。

しかし、必要のないCDを売りつけるのはいかんよね。
お客のメリットはまったくなし。
単なる搾取。

彼らの不安と怖れでいっぱいのマインドが変わって、
豊かさに気づくことで、
自分がワクワクできて、
相手も喜んでくれる、

 

そんなウインウインの仕事に、彼らも出会えますように祈ります。

NLP8分わかる

無料レポートプレゼント!!

お名前
メールアドレス
  • NLPプラクティショナー
  • オーダーメイド
  • 著書
  • Amebaブログ
  • facebook