NLP

03-4400-1988

電話:平日10:00〜19:00

MENU ▽
  • TOP
  • >
  • 親子関係
  • >
  • 火葬をお通夜の前にするの?、びっくり!と涙腺崩壊

火葬をお通夜の前にするの?、びっくり!と涙腺崩壊

image

人が亡くなったら、どんな手順でするのかをご紹介します。
亡くなったと聞いてから、お通夜まで、
悲しみを感じる暇がない状態。

でしたが、最後に涙腺が崩壊しました。

●納棺の儀

お経を読んでもらってから、
布団をかぶって寝ていた遺体を、棺に移す作業です。
形だけですが、身体を拭いて、布団ごと持ち上げて棺に入れます。
そのあと、全員でお花を身体の周りに敷き詰めます。

三途の川を渡るときに必要なお金を入れるそうで、
紙に金額を書いて頭陀袋に入れて、棺に入れました。

関わりのある数字を入れようということになり、
50年以上使っていた電話番号の下4桁を書いて入れました。
2〇〇〇なので、2000万円問題もあるので、ちょうどいいんじゃないかと。

 

●火葬

さて、いよいよ火葬とお通夜の日です。

え?火葬?

そうです。
今まで東京で参加した事があるお通夜も葬式も、全部、棺桶があり、遺体を見ることができました。
そして、お通夜、葬式、全部終わってから火葬でした。
火葬が悲しみのクライマックスのはず。

ところが!
青森は、お通夜の前に、一番最初に火葬をしちゃうんです。

お骨にしてから、お通夜とお葬式をするのです。
これにはビックリでした!

 

火葬場に行くと、6個くらい火葬室?が並んでいます。
(ぜんぜんフル稼働してないじゃん!)とつぶやきつつ手順に従います。

遺体に対してお経を読んでもらい、その後いよいよ火葬です。

係の人は、敬礼?をして

「お時間になりましたので、これから火葬をさせていただきます」、

甥っ子が泣き始めたおかげで、悲しい気持ちが押し寄せてきました。

1時間半、待合室で待機。

呼び出し放送があり、お骨を拾いに行きました。
骨上げと呼ぶらしいです。

骨があちらこちら紫色になっていました。
弟が「そこが病気だったんだ」と言いました。
ずいぶん闘ってきたんだなあ、感じました。

※注
今検索したら、「病気の部分で、お骨の色が変わる」というのは嘘らしいです。
「棺に入れたものが色素が沈着しやすいもので、それがお骨についただけ」

担当者から、「燃えるもので、故人が好きだったものは、棺に入れられます」
ということだったので、お花の本や、他にもいくつかを棺に入れました。
それや、あと、お花の色素が原因で、お骨に色がつくらしいです。

 

●お通夜までの待ち時間で

火葬場を出たのが15時くらい?
その後、お骨を持って会館に戻ります。
少し休憩。

18時からお通夜です。
17時から会場でお出迎えというか、椅子に座って時間まで待っていてくれ、
とのこと。

15分前から動画が流れました。
妹が、母の写真を担当者に渡していました。
それを動画にしてくれていました。

その動画の中で、ある一枚の写真が出た瞬間、嗚咽が止まらなくなりました。
妹の結婚式のときで、感極まったような表情の写真です。

25年前だから、えーと、母が55歳のときです。

あれ!今の私と同じ歳だ!

泣き始めてからようやく、大きな悲しみ、喪失感を感じました。
それまでは、なんか、ずっと麻痺していたのが、ようやくほぐれたのでしょうか。
ようやく泣けた、という感覚です。

●号泣しながら

18時になり、お経が始まりました。
30〜40分くらい、とても心のこもったお経をあげていただけました。

最後に喪主の挨拶です。

例文を渡してもらっていましたので、
最初の挨拶文は、そのまま使いました。

そのあと、電話帳を頼りに連絡したときに、
みなさんに毎回聞かれたことを話しました。

・去年の5月3日に父が倒れた
・その数日後に、母が入院した
・肝臓が悪かったが、他に腫瘍や糖尿病などもあった
・母は余命が数ヶ月、父は1年と言われた
・1月4日に亡くなったので、よくがんばってくれた
・あの世では不自由のない身体で花を楽しんでほしい
・花が好きなので、戒名に「花」を入れてもらった

泣きながら、こんな事を話しました。

ああ、こんなに泣けるんだ、、

母とは年に1度会うかどうかくらいの頻度だった。

だから死に目には逢えないもんだと思っていましたし。

昨年5月には、母は近い将来亡くなるという心の準備は充分していたはず。

なのにこんなに悲しいんだ・・・・

 

号泣しながらあいさつをようやく終えました。

 

そのあと、青森ではお菓子と飲み物を振る舞います。
青森ではごはん類、お寿司は、出したりはしないそうです。

 

ちなみにそこで、
母の友人たちから、衝撃的な話を聴きました。
それは次回に。

 

NLP8分わかる

無料レポートプレゼント!!

お名前
メールアドレス
  • NLPプラクティショナー
  • オーダーメイド
  • 著書
  • Amebaブログ
  • facebook