NLP

03-4400-1988

電話:平日10:00〜19:00

MENU ▽

山口拓朗さんとの対談動画 文章を書けないと悩む人のために

image

文章の神様、山口拓朗さんとの対談動画の紹介です。

文章を書くのが苦手という人のための方法、

著者を目指す人の為のアドバイス

そして、夫婦コミュニケーションと、3部構成でお話をたっぷりいただきました。

1500円で著者17人の対談動画がもらえるキャンペーンは、前代未聞でしょう(笑)。

自信本 書籍キャンペーン

 

ぜひ聴いてください(^^)

【内容】

●第1部 文章を書けないという方へ

・文章を書くのが自信がない?それは自分に自信がないから

・何が喜ばれるかは書いてみないとわからない

・あなたが発信すべきものを見つけるための書き出しとは?

・人に〇〇することに才能が隠れている!

・私が〇〇するのは、松橋さんと本田健さん。その理由は?

・完全主義で他人の評価を気にして書けない人へ

・あなたが書けないのは、日本の国語教育の影響

・書き始めのときに必要なメンタリティとは?

・頭にあるものはモヤにすぎない。モヤは書き出すか話すか、アウトプットすること。

・書き出すことの効果とは?書くことは感情の整理、癒やし、発見につながる。

 

●第2部 著者を目指す人のための文章術 

・接続詞を使いこなす必要性とは? ・「それゆえ、~」と「したがって」の違いとは?

・松橋の読みやすさは、山口拓朗の本で勉強したから ・文章にも九九のような公式がある

・松橋が気をつけている文章の基本とは?

・読みやすくするための大原則とは? ・著者なら必ずやっている、テーマを膨らませて書くための秘訣とは?

・自力だけで書こうとするから苦労する

・松橋は、一冊目を書くときに、資料本を何冊購入したのか?

・売れる本を書くために必要な、黒と白の文章とは?

 

 ●第3部 パートナーシップ 

 ・娘の卒業式で ・夫婦関係が良くなくて、お互いに足を引っ張っていた頃

・そこから夫婦関係が良くなった秘訣

・夫婦関係でやっていることを、そのまま子供にやったらうまくいった

・相手を変えようとしていませんか? ・子供が転んで泣いたときの対処法

・失敗の経験、悔しかった経験、先生から怒られる経験も邪魔しない

・子供に考えさせる機会を奪うな

・子供に意見を言いたくなったときの伝え方の技術とは?

・受講生の可能性の芽を咲かせるために

・最後のメッセージ 

自信を手に入れるために書こう

NLP8分わかる

無料レポートプレゼント!!

お名前
メールアドレス
  • NLPプラクティショナー
  • オーダーメイド
  • 著書
  • Amebaブログ
  • facebook